『SMAPファンに騒動謝罪、木村が事務所に仲介か』の記事

29

解散危機にあるSMAPが18日、フジテレビ系「SMAP×SMAP」(午後10時15分)での生放送で現在の心境を語った。

番組冒頭で代表曲「世界に一つだけの花」をメンバーが歌う映像に合わせ、ファンから届いた約8000通のメッセージの一部が読み上げられ、黒のスーツ姿で立つ5人が登場した。

最初に木村拓哉(43)が「このままだとSMAPが空中分解になりかねない状態だと思ったので、今日は自分たちが顔をそろえて皆さんに報告することが大切だと思ったのでこの時間を取らせていただきました」と話した。 稲垣吾郎(42)は「これからの自分たちを見ていただき応援していただけるように頑張ります」。

香取慎吾(38)は「申し訳ありません」と言ったあと、約5秒間沈黙。「みなさんと一緒にこれからいっぱい笑顔作っていきたいと思います」と声を絞り出した。

中居正広(43)は「今回の件でどれだけSMAPがみなさんに支えられているのか強く思いました」。

草なぎ剛(41)は「ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、ここに立てています。5人でここに立てたこと安心しています」。

最後に再び木村が「僕たち5人はただ前を見て進みたいと思っているのでみなさん、よろしくお願いします」と話した。

一連の解散報道では、育ての親だった女性チーフマネジャーが、ジャニーズから退社する意思を固めたのに伴い、中居、稲垣、草なぎ、香取のメンバー4人も1度はジャニーズ事務所からの独立を決意。木村は残留する意思を固めていた。その後4人は、思い直して事務所にとどまろうとする動きも見せたが、事務所側は受け入れない姿勢をみせている。17日には4人の固い意思を確認した木村と、ジャニーズ事務所副社長の藤島ジュリー景子氏と対面するなど、解散回避に向けた動きも出ている。

全文は以下にて。

情報源: SMAPファンに騒動謝罪、木村が事務所に仲介か – ジャニーズ : 日刊スポーツ