『A LIFE』下落! 木村拓哉くん&竹内結子さんの“大人の恋愛”展開が「うざい」と大不評

66

1月29日、元SMAP・木村拓哉主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』の第3話が放送され、平均視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、同ドラマのワースト視聴率を更新した。

 同ドラマは、木村演じるシアトル帰りの一流外科医・沖田一光が、さまざまな思惑が渦巻く病院を舞台に、患者を救っていくヒューマンラブストーリー。第3話では、沖田の元恋人・壇上深冬(竹内結子)が、原因不明の腹痛を訴える女の子を担当することになるも、以前この女の子を診察していた小児外科治療学会のトップ医師から、手術を止めるよう圧力をかけられる……という展開だった。

「学会トップの診断を覆すことはご法度なだけに、深冬の夫で、副院長でもある壇上壮大(浅野忠信)は、手術を沖田に担当させることで、深冬を守ろうとします。しかし、結局深冬は医者としての信念を貫くため、手術に参加。それを受けて、終盤では壮大が、深冬を手術に参加させた沖田を責め、かつて恋人同士だった2人の関係を勘ぐり、『まだ好きなのか、深冬のこと』というセリフを口にしました」(芸能ライター)

 この展開に、「もう元カレとか元カノとか気にする歳でもないでしょ」「医療ドラマに恋愛要素を入れないでほしい」「物語がブレてしまってうざい」などと、不評の声が相次いでいる。

「同ドラマの視聴率は初回14.2%、第2話14.7%と右肩上がりになりつつありましたが、第3話で14%台を割ってしまいました。同じ木村主演ドラマでは、2013年の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)が最低視聴率10.3%と2ケタすれすれの数字を出していましたが、不評が続けば『A LIFE』も1ケタ落ちしてしまう可能性はあります」(同)

全文は以下にて。

情報源: 『A LIFE』13.9%に下落! 木村拓哉&竹内結子の“大人の恋愛”展開が「うざい」と大不評|サイゾーウーマン