『SMAP中居正広、木村拓哉と決別 独立決めた』の記事

96

国民的アイドルグループSMAPの解散報道の余波は広がるばかりだが、中居正広(43)は解散が避けられない見通しが変わらないため、ジャニーズ事務所から独立する意思を固めたことが14日、分かった。中居はタモリ(70)松本人志(52)ら親交を持つ大物タレントにも相談し、ジャニーズを離れて生きる道を模索している。ともにSMAPを引っ張り、事務所残留を決めた木村拓哉(43)との決別は決定的になった。

関係者によると、中居は解散を避けられない状況から「(ジャニーズ事務所を)出るしかないのかな」と、周囲に正直な気持ちを漏らしているという。 中居は昨年11月までに稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)と退社の意向を示したが、最近になって4人で再びジャニーズ事務所にとどまりたいと翻意している。同事務所は最初から残留を表明した木村への配慮もあり、筋が通らないとして、木村以外の4人の翻意を簡単に受け入れられないとしている。中居があらためて退社の意思を固めた背景に、チーフマネジャーが退社するだけではなく、いったん芸能界から身を引くと意思を示していることも大きい。

チーフマネジャーはSMAP全員とともに退社するつもりだったが、昨年末までに木村だけは事務所残留を決めた。芸能界自体がタレントの独立には厳しい姿勢をとることもあり、SMAP5人を伴う独立は不発に終わった。そのため、チーフマネジャーは責任を取る形で、退社後は芸能界から身を引く覚悟を固めている。らつ腕を振るっていたチーフマネジャーがいなくなるとなれば、退社の意向を示した4人もこれまで同様の活動も難しい。

木村以外の4人の退社の意向が報じられ、チーフマネジャーは仕事関係者と連絡が取れない状態が続いているという。既にマネジメントが機能しなくなりつつある状況下で、中居は自分たちの身は自分たちで守らなければと危機感を募らせたとみられる。稲垣、草なぎ、香取の3人は先が見えない状況に、動揺するばかりだという。

中居の単独レギュラー番組は5本。抜群のトーク力には定評があり、中居もプライドと自信を持つ。タレントとして活動していく決意を固め、信頼しているタレントにも、身の振り方を相談している。タモリや松本は、昨年2月に亡くなった中居の父親の入院先を見舞うなど、仕事を超えて、公私にわたる深い信頼関係もある。困っている中居に対して、2人が真摯(しんし)に相談に乗る可能性もある。

全文は以下にて。

情報源: SMAP中居正広、木村拓哉と決別 独立決めた – ジャニーズ : 日刊スポーツ