『銀魂』岡田将生くん演じる桂小太郎ビジュアル初披露!公開日も決定 堂本剛くんがやりたかった役とは?

62

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画を実写化する映画『銀魂』より、岡田将生演じる桂小太郎とそのペット・エリザベスのキャラクタービジュアルが披露された。公開日が7月14日に決定したことも併せて発表された。

空知英秋による原作は、累計発行部数5,000万部を突破している超ヒット漫画。パラレルワールドの江戸を舞台に、SFと時代劇が融合した世界で人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる。実写映画は小栗旬が主演を務め、脚本・監督を「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一が手掛けている。

岡田演じる桂は、“狂乱の貴公子”の異名を持つ幕府指名手配中の攘夷志士の生き残り。主人公の銀時(小栗)とは攘夷戦争を共に戦った盟友で、「ヅラ」の呼びかけに「ヅラじゃない、桂だ」と返すのが定番となっている。作品に登場する一癖も二癖もある濃いキャラクターたちの中で、シュールなボケキャラとして異質の存在感を放ちつつ、決めるときにはビシッと決めるギャップも魅力だ。

キャスト発表の際には、「原作ファンの方々にガッカリされないようにしっかり演じさせていただきます。逃げの小太郎と呼ばれてますが、岡田は逃げません!」とコメントしていた岡田。その意気込み通り、腰まである美しい長髪と着物で原作の桂を完全再現している。

そんなビジュアルで桂の背後に映り込んでいるのは、謎の地球外生物・エリザベス。愛らしい見た目とは裏腹に高い戦闘能力を誇り、桂の単なるペットではなく相棒的な存在だ。意思の疎通にはプラカードを使用し、ごくまれにドスのきいた声を発することも……。高杉晋助役の堂本剛からは「正直、エリザベスがやりたかった……」との発言も飛び出したこのキャラクターも、映画で活躍してくれそうだ。

全文は以下にて。

情報源: 『銀魂』岡田将生演じる桂小太郎ビジュアル初披露!公開日も決定 – シネマトゥデイ

あの人気漫画がガチで実写映画化決定!映画『銀魂』公式サイト。

情報源: 実写映画化! 2017年公開 映画『銀魂』公式サイト