「コード・ブルー3」第4話 視聴率

81

俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の第4話が7日に放送され、平均視聴率は13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。

初回16・3%。7月クールの連続ドラマでトップの好スタートを切ると、第2話は15・6%で、“月9”としては2014年7月クール「HERO」(26・5%→19・0%)以来3年ぶりとなる初回から2週連続の15%超えを記録。第3話は14・0%で、第4話はそれから0・2ポイント減の13・8%と、15%は割り込んではいるが、それでも昨年以降、苦戦続きだった同局の看板ドラマ枠“月9”復活に向け、好調をキープしている。

情報源: 「コード・ブルー3」第4話は13・8% 好調キープ― スポニチ Sponichi Annex 芸能